• ホーム
  • ハイドロキノンの美白効果で肌ピカピカ!

ハイドロキノンの美白効果で肌ピカピカ!

肌を気にする女性

ハイドロキノンの美白効果でピカピカな肌へと導く、ユークロマプラスクリームは、シミを生じさせる引き金となる、メラニン生成の抑制の効果があります。
同時にピーリング効果も持ち合わせていますので、頑固な古い角質除去をスムーズに行うことから、ニキビの改善にも役立つ塗り薬です。

すぐにでも使い始めたいと考えても、薬局やドラッグストアでの取り扱いはありません。
製造中止になったわけでもなく、在庫切れで門なく、国内では処方されていない医薬品だからです。
いつも行くドラッグストアでは購入ができないものの、通販なら入手が可能です。

日本の美容クリニックや皮膚科では、似たような成分配合の外用薬はありますが、保険適用外のため手には入っても薬代が高いのは避けられません。
毎回診察代がかかったり、定期的に通うのも手間です。
インターネット通販の場合は、国内最大手の通販サイトや、海外でも有名な大手通信サイトではなく、個人輸入代行サイトを使うことで、費用もリーズナブルに安心して購入ができます。

ダブルの含まれる成分は美白効果へつなげることになるので、シミ改善にはハイドロキノンとトレチノインは併用するのが賢い使い方です。
素肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンは、肌の見た目を悩ませるシミの要因となる、メラニン色素の産生に歯止めをかけることができます。

強い力でメラニン生成の抑制を行い、酵素のチロシナーゼを阻害することが得意です。
表皮の基底層に存在するメラニン生成細胞がメラノサイトであり、細胞毒性も持っているのでメラノサイトの数を力強く減らしていきます。

紫外線を浴びることでは大切な皮膚を守るために、皮膚内部ではメラノサイトが活性化をして、これがメラニン色素の生成につながりますが、皮膚細胞の生まれ変わりが間に合わないと、肌表面にシミとなって残るので厄介です。

アルブチンやコウジ酸よりもハイドロキノンの持つ美白作用は、およそ10倍から100倍もあります。
ビタミンAの誘導体であるのがトレチノインであり、塗布してからの浸透力にも長けている生理活性ですが、ビタミンAをはるかに上回る100倍ほどです。

皮膚のターンオーバーを敷く新しくさせることで、順調なメラニン色素の排出を促します。
ピーリング効果を併せ持つので、肌荒れを改善させるためにも力になる成分です。
両方の成分は併用をするのが効果を倍増させる秘訣であり、ユークロマプラスクリームであり、美白力に長けた外用薬です。

関連記事
ニキビは治療薬でさっくり治そう! 2019年10月01日

ニキビは通販でも入手可能な治療薬を使い治すことができますし、過剰な皮脂分泌をリセットしたり、思春期ニキビも大人ニキビも改善していくことができます。インターネット通で気軽な入手ができる、ベンザックACジェルは、抗炎症作用や保湿効果にも長けているため、赤ニキビや思春期ニキビにも効果をもたらすニキビ治療薬...

ニキビができる原因はなに? 2019年09月27日

ニキビができる原因は複合的な要素が絡み合っていますが、ホルモンバランスの乱れは大きな引き金です。忙しい毎日を送る現代人は、生活リズムが崩れがちですし、不規則なライフスタイルは肌にも良い影響を与えません。現代人が抱えるストレスは心身へのマイナスの影響を及ぼしますが、それは皮膚のコンディションにも同様に...

美白を促す栄養素をピックアップ! 2019年09月21日

美白を促す栄養素をピックアップした時に、アンチエイジング効果でも知られる、大豆イソフラボンも欠かせません。しみのもとになるメラニン生成を促す酵素のDCTを、穏やかに抑制させる働きがあります。DCTを抑制することが、白い肌を守るためにも有効です。細胞が酸化しないよう守ってくれる、高い抗酸化作用を持ち活...