• ホーム
  • ハイドロキノンの美白効果で肌ピカピカ!

ハイドロキノンの美白効果で肌ピカピカ!

肌を気にする女性

ハイドロキノンの美白効果でピカピカな肌へと導く、ユークロマプラスクリームは、シミを生じさせる引き金となる、メラニン生成の抑制の効果があります。
同時にピーリング効果も持ち合わせていますので、頑固な古い角質除去をスムーズに行うことから、ニキビの改善にも役立つ塗り薬です。

すぐにでも使い始めたいと考えても、薬局やドラッグストアでの取り扱いはありません。
製造中止になったわけでもなく、在庫切れで門なく、国内では処方されていない医薬品だからです。
いつも行くドラッグストアでは購入ができないものの、通販なら入手が可能です。

日本の美容クリニックや皮膚科では、似たような成分配合の外用薬はありますが、保険適用外のため手には入っても薬代が高いのは避けられません。
毎回診察代がかかったり、定期的に通うのも手間です。
インターネット通販の場合は、国内最大手の通販サイトや、海外でも有名な大手通信サイトではなく、個人輸入代行サイトを使うことで、費用もリーズナブルに安心して購入ができます。

ダブルの含まれる成分は美白効果へつなげることになるので、シミ改善にはハイドロキノンとトレチノインは併用するのが賢い使い方です。
素肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンは、肌の見た目を悩ませるシミの要因となる、メラニン色素の産生に歯止めをかけることができます。

強い力でメラニン生成の抑制を行い、酵素のチロシナーゼを阻害することが得意です。
表皮の基底層に存在するメラニン生成細胞がメラノサイトであり、細胞毒性も持っているのでメラノサイトの数を力強く減らしていきます。

紫外線を浴びることでは大切な皮膚を守るために、皮膚内部ではメラノサイトが活性化をして、これがメラニン色素の生成につながりますが、皮膚細胞の生まれ変わりが間に合わないと、肌表面にシミとなって残るので厄介です。

アルブチンやコウジ酸よりもハイドロキノンの持つ美白作用は、およそ10倍から100倍もあります。
ビタミンAの誘導体であるのがトレチノインであり、塗布してからの浸透力にも長けている生理活性ですが、ビタミンAをはるかに上回る100倍ほどです。

皮膚のターンオーバーを敷く新しくさせることで、順調なメラニン色素の排出を促します。
ピーリング効果を併せ持つので、肌荒れを改善させるためにも力になる成分です。
両方の成分は併用をするのが効果を倍増させる秘訣であり、ユークロマプラスクリームであり、美白力に長けた外用薬です。

関連記事
韓国エステでおなじみのきゅうりパックの効果 2020年03月11日

韓国エステでおなじみのきゅうりパックの効果は、白く美しい肌を求める人には関心の深い内容ですやり方を間違えると、アレルギーなど肌トラブルを起こすこともあります。間違えたやり方をすることで、皮膚に炎症が起きたりシミになるのは、含まれるソラリンが原因です。紫外線を吸収するため、朝や日中にきゅうりパックをし...

食事でのコラーゲン摂取は意味がない? 2020年01月31日

食事でのコラーゲン摂取が全く肌に作用しないわけではないものの、いったん体の中へ入ったら、消化によりアミノ酸に分解されて再合成されるので、体内への吸収をされるときにはアミノ酸です。肌の弾力やハリを求めるとき本当に大切なのは、コラーゲンの構成成分のアミノ酸の摂取を意識することであり、そこから再合成されて...

老け顔の原因!頬のたるみを治す方法! 2019年12月23日

老け顔の原因になるのが頬のたるみであり、若々しい状態にするためにも正しい対処が必要です。普段からのエイジングケアを積み重ねることが肝心であり、ブルドッグ顔とも言われる状態をリセットします。年齢的に30代の大台を通過すると、頬のお肉が緩やかに下がりはじめて、ブルドッグ顔へ向かうのはほとんどの人が避けら...

流行は石鹸?洗顔石鹸を選ぶポイント! 2019年11月27日

洗顔石鹸を選ぶポイントは製法にもこだわること、化学合成成分無添加やつっぱりにくいことなど、チェックすべきポイントはあります。人の肌には個人差があるため、その人の肌に適した成分や製法であること、敏感肌なら完全無添加の低刺激な純石鹸などが向いています。素肌に優しいとされているのは、コールドプロセス製法に...

正しい洗顔方法で肌の悩みを解決! 2019年10月28日

正しい洗顔方法をマスターして日々役立たせることで、肌の悩みを解決していくことはできます。自己流だといつの間には強い摩擦で肌に負担をかけていることがあるので、基本的には洗顔時には強い力で擦らないこと、水の温度にも気を付けてぬるま湯を使い、丁寧に洗うことです。肌表面や毛穴汚れを洗い落とすために、ゴシゴシ...