• ホーム
  • 正しい洗顔方法で肌の悩みを解決!

正しい洗顔方法で肌の悩みを解決!

正しい洗顔方法をマスターして日々役立たせることで、肌の悩みを解決していくことはできます。自己流だといつの間には強い摩擦で肌に負担をかけていることがあるので、基本的には洗顔時には強い力で擦らないこと、水の温度にも気を付けてぬるま湯を使い、丁寧に洗うことです。肌表面や毛穴汚れを洗い落とすために、ゴシゴシ洗いの強い力は必要ありません。

強く擦らないことは美肌の基本であり、摩擦は肌を弱くさせることから、肌トラブルを招くもとです。学校の授業で顔の洗い方を教わるわけではなく、多くの場合は自己流で毎日済ませていますが、誤った洗い方だと反対に、皮膚にダメージを与えかねません。洗顔で汚れを洗い落とすことは重要ですが、間違いだらけの自己流の洗い方は、肌トラブルを招くことになるので要注意です。

いきなり洗顔料を肌に塗らないこと、面倒に感じても洗顔料は、水分を含ませて泡立たせることから始めます。まずは顔に直接触れる手を洗い、清潔になった手で石鹸に水分を含ませて良く泡立たせることです。皮膚に直接手のひらを当てて擦るのがNGであり、石鹸をホイップ状に泡立たせることで、その泡で皮膚の汚れを吸着させることができます。

丁寧で優しい皮膚の上での泡によるマッサージは、強い摩擦を生じることが無く、擦らない洗い方では肌負担は少ないです。泡と汚れを洗い落とす際の水の温度も重要であり、冷たすぎる水や、反対に温度の高いお湯は向いていません。夏場は冷たい水で顔を洗うと、冷えていて気持ちが良いですしシャキッとしまが、皮脂などの頑固な汚れは落としにくいです。

洗顔時のベストな温度は30℃から36℃くらいのぬるま湯であり、その人の肌にとって適切な水温を使います。乾燥肌や敏感肌の人は肌質もとてもデリケートなので、30℃から34℃ほどが適温です。水分も一定量があり丈夫な肌の普通肌の人ならば35℃前後は目安に、油分の多さで悩みがちなオイリー肌タイプなら36℃から38℃くらいのぬるま湯を使います。

手で水に触れた際にも冷たすぎず、熱すぎることもない温度が適切なぬるま湯の温度です。石鹸を良く泡立たせるのと同じくらい大事なのが水の温度であり、適切な温度のぬるま湯は皮膚に必要となる潤いは残して、汚れだけをすすぎ洗いすることができます。必要以上に天然クリームの皮脂をとり過ぎないですし、毛穴が程よく開くので、不要な汚れや皮脂もスムーズに落ちやすいです。

関連記事
ハイドロキノンの美白効果で肌ピカピカ! 2019年09月24日

ハイドロキノンの美白効果でピカピカな肌へと導く、ユークロマプラスクリームは、シミを生じさせる引き金となる、メラニン生成の抑制の効果があります。同時にピーリング効果も持ち合わせていますので、頑固な古い角質除去をスムーズに行うことから、ニキビの改善にも役立つ塗り薬です。すぐにでも使い始めたいと考えても、...

ニキビは治療薬でさっくり治そう! 2019年10月01日

ニキビは通販でも入手可能な治療薬を使い治すことができますし、過剰な皮脂分泌をリセットしたり、思春期ニキビも大人ニキビも改善していくことができます。インターネット通で気軽な入手ができる、ベンザックACジェルは、抗炎症作用や保湿効果にも長けているため、赤ニキビや思春期ニキビにも効果をもたらすニキビ治療薬...

ニキビができる原因はなに? 2019年09月27日

ニキビができる原因は複合的な要素が絡み合っていますが、ホルモンバランスの乱れは大きな引き金です。忙しい毎日を送る現代人は、生活リズムが崩れがちですし、不規則なライフスタイルは肌にも良い影響を与えません。現代人が抱えるストレスは心身へのマイナスの影響を及ぼしますが、それは皮膚のコンディションにも同様に...

美白を促す栄養素をピックアップ! 2019年09月21日

美白を促す栄養素をピックアップした時に、アンチエイジング効果でも知られる、大豆イソフラボンも欠かせません。しみのもとになるメラニン生成を促す酵素のDCTを、穏やかに抑制させる働きがあります。DCTを抑制することが、白い肌を守るためにも有効です。細胞が酸化しないよう守ってくれる、高い抗酸化作用を持ち活...