• ホーム
  • 流行は石鹸?洗顔石鹸を選ぶポイント!

流行は石鹸?洗顔石鹸を選ぶポイント!

洗顔石鹸を選ぶポイントは製法にもこだわること、化学合成成分無添加やつっぱりにくいことなど、チェックすべきポイントはあります。人の肌には個人差があるため、その人の肌に適した成分や製法であること、敏感肌なら完全無添加の低刺激な純石鹸などが向いています。素肌に優しいとされているのは、コールドプロセス製法によりつくられる純石鹸です。

製造をする時には加熱をしないので、皮膚に良いものを残せる製法がコールドプロセス製法であり、冷製法と言われることもあります。熱が製造時に加わらないため、自然や天然成分は劣化しませんし、全て入っているので贅沢な石鹸です。原料の良さを損なわない低温での製造であり、天然の保湿剤グリセリンなど原料の副産物を石鹸の中に丸ごと残すことができます。

普通肌よりもバリア機能が低下をしているのが敏感肌であり、化学合成成分を配合しているタイプだと、デリケートな皮膚には刺激が強いです。肌質には個人差があるので、丈夫な肌なら問題なく使えるとしても、皮膚を守る機能が弱い肌には刺激が強すぎます。

意識して選びたいのは化学合成成分無添加の低刺激なタイプであり、洗浄成分が強すぎないので肌の必要な成分は残り、洗顔後もつっぱりにくいです。完全無添加にこだわり思い切って自分専用のソープを作るなら、主成分のグリセリンソープを溶かして固めて作ることもできます。ずれにしても洗顔石鹸は、本人の肌に最も合った種類を選びことです。

売り上げランキング1位は、必ずすべての人の肌に合うとは限りません。特に近年は肌がデリケートな人が増えているので、敏感肌であれば選ぶのは、弱酸性であり低刺激のタイプです。通常の商品と比較をすると、若干洗浄力は低下をしますが、皮膚への刺激など影響はそれだけ少なくて済みます。

配合成分にも注意を払い、皮膚への悪影響をもたらす可能性のある、防腐剤などは不使用であるかもチェックです。最初から防腐剤不使用の、天然由来成分配合タイプなどを選ぶと安心できます。油分の気になるオイリー肌の場合は、弱アルカリ性のタイプが適しており、洗浄力が高いので油分までしっかり除去ができます。

肌乾燥の激しい乾燥肌であれば、刺激が弱い成分であることと共に、はお質成分を含む洗顔料を選ぶことです。皮膚が弱い人は天然成分に、オレイン酸を含むタイプなども向いています。自然由来成分で高い保湿力があり、抗酸化作用もあるためです。

関連記事
ハイドロキノンの美白効果で肌ピカピカ! 2019年09月24日

ハイドロキノンの美白効果でピカピカな肌へと導く、ユークロマプラスクリームは、シミを生じさせる引き金となる、メラニン生成の抑制の効果があります。同時にピーリング効果も持ち合わせていますので、頑固な古い角質除去をスムーズに行うことから、ニキビの改善にも役立つ塗り薬です。すぐにでも使い始めたいと考えても、...

正しい洗顔方法で肌の悩みを解決! 2019年10月28日

正しい洗顔方法をマスターして日々役立たせることで、肌の悩みを解決していくことはできます。自己流だといつの間には強い摩擦で肌に負担をかけていることがあるので、基本的には洗顔時には強い力で擦らないこと、水の温度にも気を付けてぬるま湯を使い、丁寧に洗うことです。肌表面や毛穴汚れを洗い落とすために、ゴシゴシ...

ニキビは治療薬でさっくり治そう! 2019年10月01日

ニキビは通販でも入手可能な治療薬を使い治すことができますし、過剰な皮脂分泌をリセットしたり、思春期ニキビも大人ニキビも改善していくことができます。インターネット通で気軽な入手ができる、ベンザックACジェルは、抗炎症作用や保湿効果にも長けているため、赤ニキビや思春期ニキビにも効果をもたらすニキビ治療薬...

ニキビができる原因はなに? 2019年09月27日

ニキビができる原因は複合的な要素が絡み合っていますが、ホルモンバランスの乱れは大きな引き金です。忙しい毎日を送る現代人は、生活リズムが崩れがちですし、不規則なライフスタイルは肌にも良い影響を与えません。現代人が抱えるストレスは心身へのマイナスの影響を及ぼしますが、それは皮膚のコンディションにも同様に...

美白を促す栄養素をピックアップ! 2019年09月21日

美白を促す栄養素をピックアップした時に、アンチエイジング効果でも知られる、大豆イソフラボンも欠かせません。しみのもとになるメラニン生成を促す酵素のDCTを、穏やかに抑制させる働きがあります。DCTを抑制することが、白い肌を守るためにも有効です。細胞が酸化しないよう守ってくれる、高い抗酸化作用を持ち活...