• ホーム
  • 美白を促す栄養素をピックアップ!

美白を促す栄養素をピックアップ!

顔を洗っている女性

美白を促す栄養素をピックアップした時に、アンチエイジング効果でも知られる、大豆イソフラボンも欠かせません。
しみのもとになるメラニン生成を促す酵素のDCTを、穏やかに抑制させる働きがあります。
DCTを抑制することが、白い肌を守るためにも有効です。

細胞が酸化しないよう守ってくれる、高い抗酸化作用を持ち活性酵素の除去することも、大豆イソフラボンがエイジングケアに役立つ要素になります。
女性ホルモンのエストロゲンと、とても似ている働きをするのも特徴です。
コラーゲンは肌の弾力キープに必須の成分であり、コラーゲンを増やすことから肌のハリを保つことができます。

活性酵素の除去を担う強力な抗酸化作用を持つビタミンEは、高いアンチエイジング作用をもつことで知られていますし、白い肌を保つためにも大活躍です。
恵まれた抗酸化作用の高さで、メラニンの沈着も防いでくれます。
脂溶性の抗酸化成分であるビタミンEは、血行促進作用で肌荒れを解消へ導き、クマやくすみも改善する優れモノです。

リコピンの持つメラニン生成抑制及びメラニンの沈着予防の力は有効であり、高い美白力を持っている栄養素です
食べる日焼け止めと称されることもあるほど、抗酸化作用はビタミンEを軽く上回る100倍以上でもあります。
ハイレベルのアンチエイジング作用として働きかけますし、活性酸素の消去に肌の老化防止など働きは多岐にわたります。

人間の皮膚は強い紫外線を浴びることで、皮膚表面には軽い炎症を起こしますし、水分は失われてごわつきまで発生をするので穏やかではありません。
さらに深い部分ではメラニンが大量にできるため、放置をするとしみがたくさんできてしまいます。

強力な紫外線によるダメージに対して、リコピンは有効な働きで挑むことのできる存在です。
太陽光での赤みは軽減されて、水分を失いごわつく状態もセーブされ、メラニン生成量まで減少する効果は、日焼け止めクリームを塗布した状態にも似ています。

酸化反応が多いのがメラニン生成の過程ですが、ビタミンCは優れた還元作用はありますので、メラニン生成を遅延させる働きがあるのも特徴です。
還元効果をメラニンに対して持つため、黒色をビタミンCの働きで淡色化する作用にも助けられます。

肌のハリを保つにはコラーゲンですが、体内でコラーゲン生成をするためにも、豊富なビタミンCが必要です。
素肌の弾力アップにも貢献をする栄養素であり、美白効果にも長けています。

関連記事
ハイドロキノンの美白効果で肌ピカピカ! 2019年09月24日

ハイドロキノンの美白効果でピカピカな肌へと導く、ユークロマプラスクリームは、シミを生じさせる引き金となる、メラニン生成の抑制の効果があります。同時にピーリング効果も持ち合わせていますので、頑固な古い角質除去をスムーズに行うことから、ニキビの改善にも役立つ塗り薬です。すぐにでも使い始めたいと考えても、...

正しい洗顔方法で肌の悩みを解決! 2019年10月28日

正しい洗顔方法をマスターして日々役立たせることで、肌の悩みを解決していくことはできます。自己流だといつの間には強い摩擦で肌に負担をかけていることがあるので、基本的には洗顔時には強い力で擦らないこと、水の温度にも気を付けてぬるま湯を使い、丁寧に洗うことです。肌表面や毛穴汚れを洗い落とすために、ゴシゴシ...

ニキビは治療薬でさっくり治そう! 2019年10月01日

ニキビは通販でも入手可能な治療薬を使い治すことができますし、過剰な皮脂分泌をリセットしたり、思春期ニキビも大人ニキビも改善していくことができます。インターネット通で気軽な入手ができる、ベンザックACジェルは、抗炎症作用や保湿効果にも長けているため、赤ニキビや思春期ニキビにも効果をもたらすニキビ治療薬...

ニキビができる原因はなに? 2019年09月27日

ニキビができる原因は複合的な要素が絡み合っていますが、ホルモンバランスの乱れは大きな引き金です。忙しい毎日を送る現代人は、生活リズムが崩れがちですし、不規則なライフスタイルは肌にも良い影響を与えません。現代人が抱えるストレスは心身へのマイナスの影響を及ぼしますが、それは皮膚のコンディションにも同様に...